太った原因・肥満のタイプを知る

ダイエットによってウエストの脂肪を燃焼させるときは、まず太った原因を把握することが大切です。原因がわかれば、自身に向いているダイエットが発見できるからです。

下半身の肥満のタイプには、「リンゴ型肥満」と「洋ナシ型肥満」があります。
リンゴ型肥満は、男性によく見られるのが特徴です。日々の生活習慣が乱れることが要因であり、脂肪が内臓の周囲に蓄積することでリンゴのような体つきになります。痩せてもキレイなスタイルにならないのは、リンゴ型肥満に多いようです。

ただ、女性に多い洋ナシ型肥満よりは痩せるのが容易です。女性の場合は、皮下脂肪がメインとなっており、なかなか落とせないのです。男性の肥満と比べ、女性の場合は洋ナシのような体型になることが多くなっています。

効率よくウエストダイエットをするには、自分の肥満のタイプを知ることが重要なのです。肥満のタイプの判断は、性別だけでは確実性がないため、「CT撮影」を行って判断するのが確実です。

もし近くにCT撮影を行える施設がない場合は、ウエストをヒップで割り算する方法で大まかに判別できます。
リンゴ型肥満の基準は、男性が1.0以上・女性が0.8以上となります。洋ナシ型肥満の基準は、男女ともに0.7以下となります。

効率のよいウエストダイエット方法を選ぶ上で、自分がどちらのタイプの肥満かを把握できれば役に立ちます。ただし、痩せるだけでは体重は落とせたとしても体型を維持できないので、この点は考慮して慎重にダイエットを行いましょう。

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

ウエストダイエットTOP

携帯版のQRコード

ウエストダイエット:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kiku77.candypop.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。